アンダーヘアに適したカット方法で、長さを整えましょう! | エスティシャンが教えるアンダーヘアお手入れ術






アンダーヘアに適したカット方法で、長さを整えましょう!

 アンダーヘアがもじゃもじゃ…そんなのは女性としていかがなものかと思いますよね。お手入れをしようと心に決めたのなら、まずは長さをどうしたら良いかという点に悩むと思います。完全にオフするのも良いですが、公衆浴場などでも恥ずかしくなく、違和感も無く周りにとけこめる長さでそろえたいという女性が多いと思います。そんな女性のデリケートな部分だからこそ、しっかりとしたカット方法でアンダーヘアの長さを整えたいですよね。どういった部分に気をつけてカットしたら良いのか、長さは大体なんセンチメートル程度が妥当なのか…確認しておきましょう!

■デリケートな部分だから、気を付けたいカット方法

アンダーヘアのケアを始める第一歩として、実際に毎日少しの時間を継続してカットを続けるという方法があります。ハサミやカミソリを使用してとても手軽にカットできるというのがとても魅力的です。アンダーヘアといえどもヘアはヘア…しっかりとコームで流れを整えて、大体長さ1から2センチメートルで揃えるのがベストです。あまりに長すぎると、下着からアンダーヘアがはみ出てしまいますし逆に短すぎると。下着の素材を貫き通して、チクチクと出てきてしまうのです。
ハサミやカミソリなどの鋭利なものでのカットは、とても手軽なのですが毛の先端が鋭くなってしまうので、長さを間違ってしまうと下着からアンダーヘアがチクチク飛び出してしまい、とっても恥ずかしい状態になってしまいますし、自分自身の肌にも触れてかゆみをもたらしたりしてしまいますので、アンダーヘアがの長さというのはとても大切で注意をはらうべき要素といえます。

■長さがバラバラになってしまわないように…

 一部分だけ切りすぎたりすると、長さがバラバラになってしまいます。毛先の長さがバラバラだと、毛量に差がでてしまい、坊主狩りに失敗してしまった男性の頭のように、少し残念なアンダーヘアスタイルになってしまいます。少し面倒でも、カットするときは必ず濡らして行うことを心がけ、コームで毛の流れを整えてからハサミ等を入れるのが良いでしょう。乾いた状態で自分の感覚で適当に切ってしまうと、それから一度濡れてまた乾いたときに全然違ったアンダーヘアの流れになってしまって、また違う角度からカットし直さなければならないといった二度手間をくうことになってしまうので、気を付けましょう。