今ほど脱毛サロンが多くなかった時の話 | エスティシャンが教えるアンダーヘアお手入れ術






今ほど脱毛サロンが多くなかった時の話

私が脱毛について悩みだしたのは学生の頃でした。

腕や足は少なかったのですがワキなど一部の毛量が多くてとても悩んでいました。ワキは剃るとざらざらしてしまい、すぐに生えてきますしかといって抜くのは途方もない努力を必要としますし、抜いた後は赤みが残ったり膿疱炎をおこしてしまったり、埋もれ毛によって更に悩んだりととにかく悩んでいました。

ですがまだ脱毛サロンが多くない時代だったため、あまりにも高い料金設定や学生という身分もあり通うことができませんでした。

社会人になってもその悩みが無くなることはなく毎日自己処理を行っていた時期に、同僚が脱毛サロンを紹介してくれました。彼女はワキだけではなくVラインなども行ったそうで凄く良かったと言っていました。エステサロンの脱毛イコール高いしぼったくりのイメージを持っていたのですが、話を聞くとそんなことはなく回数分の料金を支払うだけで聞いた値段も支払える額でした。同僚のお勧めもあり今まで二の足を踏んでいた脱毛サロンに行ってみることを決意しました。

人に肌をみられる、しかもワキやVゾーンなどデリケートな部分を見られると思うと恥ずかしかったですが、サロンの人たちは多くの女性の脱毛を行っているので大丈夫と言い聞かせて申し込みをしました。脱毛サロンの人たちはとても優しく丁寧に毛についての仕組みなどを説明してくれてここなら安心できると思いお願いをしました。

痛みがあるとは聞いていましたが、今まで苦労してきた毛の悩みが無くなると思えばどんな痛みでも耐えられると思っていたので痛みに対しての不安はそこまでありませんでした。実際には初めに脱毛する部位を冷却して痛みを最小限に抑えたり、光を当てる際も細かく痛みなどを聞いてくれたのでとても助かりました。終わった後も冷やしたタオルで光を当てた部分を冷やしたので特に問題はありませんでした。もともと皮膚が弱いのもあり赤味は数日消えませんでしたがそこから肌が荒れるといったこともなく、理想のむだ毛のないワキを手に入れることができました。

今まで料金の事や恥ずかしさで行くのをためらっていたのがもったいないくらい、とても満足のいく施術をしてくれました。本当に脱毛サロンに行ってよかったっです。