社会人になったことをキッカケに脱毛サロンへ | エスティシャンが教えるアンダーヘアお手入れ術






社会人になったことをキッカケに脱毛サロンへ

私は大学を卒業した後、社会人になったことをいい機会と捉えて脱毛サロンに通おうと思い立ちました。しかし実際に真剣にサロンを検討してみると、不安なこともたくさん出てきました。何しろ脱毛サロンどころか、こうしたエステの類には一度も行ったことがなかったので勝手が全くわからなかったのです。

まず最初に、本当に費用対効果があるのかが疑問でした。私のムダ毛は成人男性並みに濃く太かったので、提示されている一般的なプランで果たして本当に綺麗になるのか不安が拭えませんでした。カウンセリングの時に長い目で見て効果を感じてほしいと言われたので、やはり提示されたプランで本当に自分もつるつるな肌になれるのか、強い不安を感じました。まさか自分から男性並みにムダ毛が濃いとは恥ずかしさのあまりに言い出せず、一人悶々としてしまいました。

あと、施術する時の服装も気になりました。普通の腕や脚なら服を着たままできるだろうからまだいいのですが、VIOラインなどの部分を施術する時は裸になる必要があるのか疑問でした。もしそうだとしたらとても恥ずかしく、サロンに通うのも躊躇ってしまうと思われました。私は肌もあまり綺麗な方ではなかったので、サロンのスタッフとは言えど他人に肌を見せることには抵抗があるのです。

最後に気になったのが、どの程度痛みがあるのか、肌トラブルがあるのかということでした。私の肌はどちらかと言うと敏感で、自己処理でもカミソリ負けをたくさん作ってしまうほどなのです。そうした肌でもIPL脱毛は痛みや刺激がなく、肌トラブルなしに施術ができるのか不安になりました。毛抜きを使って毛を抜いた時も、抜いた箇所が赤く点々となってしまっていたので、サロンでの脱毛もそんなリスクがあるのではなかろうかと少し疑問に思いました。もし赤みや痛みが出てしまったら、先払いした料金などはどうなるのか、そうした不安も合わさってきました。

何と言っても一番大きかったのは、初めての脱毛サロンなのでわからないことが多すぎることに対しての不安だと思います。これから何をされるのか全く想像ができないので、自分の身に起こるべく何かに対して漠然と不安を抱いていたような気がします。